平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―(読み)ひらいずみぶっこくど(じょうど)をあらわすけんちくていえんおよびこうこがくてきいさんぐん

事典 日本の地域遺産の解説

(岩手県西磐井郡平泉町)
世界遺産」指定の地域遺産。
岩手県南部に位置する平泉は、11世紀~12世紀の日本の北方領域において、仏教に基づく理想世界の実現を目指して造営された政治・行政上の拠点として栄華を誇った。奥州藤原氏ゆかりの遺跡として知られる。4つの庭園は、池泉・樹林・金鶏山頂と関連して仏堂を配置することにより現世における浄土の象徴的な表現、理想郷の光景として造営されたもの。登録の対象となったのは、中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山の5件である

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android