コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観自在王院跡 カンジザイオウインアト

1件 の用語解説(観自在王院跡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんじざいおういん‐あと〔クワンジザイワウヰン‐〕【観自在王院跡】

岩手県西磐井(にしいわい)郡平泉町、毛越寺の東側にある寺院跡。藤原基衡の妻の建立と伝えられ、舞鶴が池を中心とする庭園を中心として、大阿弥陀堂・小阿弥陀堂などの遺構が残る。現在の阿弥陀堂は享保年間に再建されたもの。平成23年(2011)「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺産群-」の一つとして世界遺産文化遺産)に登録された。→平泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観自在王院跡の関連キーワード磐井川枯山水中尊寺平泉町毛越寺衣川の館金色堂いわいずみ平泉[町]筑紫磐井

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観自在王院跡の関連情報