平清宗(読み)たいらの きよむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平清宗 たいらの-きよむね

1170-1185 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
嘉応(かおう)2年生まれ。平宗盛の長男,母は平時信の娘。13歳で正三位,右衛門督(かみ)となる。壇ノ浦の戦いで父とともに捕虜となって鎌倉に護送され,京都にうつされる途中,近江(おうみ)(滋賀県)篠原宿で父とともに源義経家臣にきられた。元暦(げんりゃく)2年6月21日死去。16歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平清宗

没年:文治1.6.21(1185.7.19)
生年嘉応2(1170)
平安末期の武士。宗盛の長男。平家嫡流のため若年で異例の昇進をとげ,13歳で正三位右衛門督となる。しかし,まもなく平家が都落ちし,文治1(1185)年3月,壇の浦の戦で生虜となり,同年6月,近江国篠原で斬首された。

(田中文英)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android