コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平瀬与一郎 ひらせ よいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平瀬与一郎 ひらせ-よいちろう

1859-1925 明治-大正時代の貝類研究者。
安政6年11月11日生まれ。アメリカ人に指導をうけ,新種700以上をふくむ貝類を収集。明治40年「介類雑誌」を創刊。大正2年京都に平瀬介館を開設。閉鎖後,標本帝室博物館などに分割保存された。大正14年5月25日死去。67歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。著作に「貝千種(ちぐさ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平瀬与一郎
ひらせよいちろう
(1859―1925)

日本の貝類学の先達。号を介堂と称した。兵庫県淡路島福良(ふくら)に生まれる。1887年(明治20)京都に出て種禽(しゅきん)商を営んでいたが、アメリカの宣教師ゲインズMarshall GainsおよびギュリックJohn Thomas Gulick(1832―1923)に陸産貝類の採集を依頼されてから貝類に興味を抱いた。当時のアメリカの貝類学者ピルスブリーHenry Augustus Pilsbry(1862―1957)に文通指導を受け、自邸を平瀬介館と名づけ、また『日本千貝目録』(1910)を著し、『介類雑誌』(1907~1909)を発刊した。著書に『貝千種(かいちぐさ)』(1914~1922)などがあり、貝類の研究と知識普及に貢献した。さらに1913年(大正2)京都市岡崎に平瀬貝類館を開設したが、これは数年で行き詰まり、閉鎖された。彼の採集にかかる新種は700を超す。その標本は帝室博物館(現、国立科学博物館)やワシントンのアメリカ国立自然史博物館に分割寄贈された。日本に残された完全な標本セットは第二次世界大戦で戦災にあったが、各地になおコレクションの一部が断片的に存在する。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

平瀬与一郎の関連キーワードオトメダカラガイ大正時代黒田徳米

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android