コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平群氏 へぐりうじ

4件 の用語解説(平群氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平群氏
へぐりうじ

古代の氏族。大和国平群郡を本拠とし,武内宿禰 (すくね) の子都久宿禰を祖とする。5世紀後半には,真鳥,鮪 (しび) 父子が出て,大和朝廷で重要な地位を占めていたが彼らが滅ぶと中央政界で地位を占めるものはなくなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平群氏【へぐりうじ】

古代の氏族。祖は武内宿禰(たけうちのすくね)の子木菟(つく)宿禰と伝え,本拠は大和(やまと)国平群郡。真鳥(まとり)・鮪(しび)父子が5世紀後半の大和朝廷で活躍,天武朝に朝臣(あそん)を賜った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

へぐりうじ【平群氏】

大和平野西部の平群谷に大きな勢力を持っていた古代豪族。《古事記》の孝元天皇段では葛城臣,蘇我臣,波多臣,巨勢臣,紀臣などとともに,建内(武内)宿禰の後裔氏族と伝えている。このうち紀臣を除けばいずれも大和平野に居住する臣姓の豪族である。《日本書紀》は仁徳紀に平群氏の祖である木菟(つく)宿禰(平群木菟)が仁徳天皇と名を交換したとあり,また履中朝に至り国事にあずかるようになったと記している。しかし木菟宿禰は伝承上の人物に過ぎず,平群氏の台頭時期は平群真鳥が大臣(おおおみ)となった雄略朝以降と考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平群氏
へぐりうじ

孝元(こうげん)天皇の後裔(こうえい)で、武内宿禰(たけしうちのすくね)の子平群木菟宿禰(へぐりのつくのすくね)を祖とすると伝える古代の皇別氏族。臣(おみ)姓。大和(やまと)盆地の北西隅平群谷を本拠とした。5世紀中ごろ、葛城(かずらき)氏没落後の雄略(ゆうりゃく)朝に真鳥(まとり)が大臣(おおおみ)となって興隆したが、5世紀の末、その子鮪(しび)は皇太子(武烈(ぶれつ)天皇)と女性のことで争い、皇太子の命を受けた大伴金村(おおとものかなむら)によって父子ともに討たれて急速に衰退した。以後ふたたび国政に参与する大官は現れず、二流豪族にとどまったが、684年(天武天皇13)には臣姓を改めて朝臣(あそん)姓を賜り、わずかに名族の面目を保った。『古事記』孝元段には蘇我(そが)、紀(き)、巨勢(こせ)ら27氏と同族とみえるが、後世の作為で事実ではあるまい。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平群氏の関連キーワード大御所隠然顔役強大黒衣の宰相持って回る三重県伊賀市平野西町大阪府大阪市平野区平野西平群谷大和平野

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone