幸徳 秋水(読み)コウトク シュウスイ

20世紀日本人名事典の解説

幸徳 秋水
コウトク シュウスイ

明治期の社会主義者 大逆事件の中心人物。



生年
明治4年9月23日(1871年)

没年
明治44(1911)年1月24日

出生地
高知県幡多郡中村町(現・中村市)

本名
幸徳 伝次郎(コウトク デンジロウ)

学歴〔年〕
中村中卒

経歴
薬種商と酒造業を営む旧家の三男に生まれ、子どもの頃から神童といわれた。少年期から自由民権思想を抱き、明治21年中江兆民の書生となり、その思想・人格に感化される。「自由新聞」「広島新聞」「中央新聞」を経て、31年「万朝報」の論説記者となり、名文家として頭角を現す。同年社会主義研究会に入り社会主義者に転じ、34年片山潜らと社会民主党を結成(即日禁止)。36年日露開戦に反対して堺利彦らと平民社を結成、「平民新聞」を発刊、開戦後も“非戦論”を展開する。38年「平民新聞」は廃刊させられ、同紙の筆禍事件で入獄。出獄後、保養を兼ねて渡米、39年在米日本人で社会革命党を結成。この頃よりクロポトキンなどの影響でアナーキズムに傾斜する。帰国後の40年第2回日本社会党大会で直接行動論を掲げ、片山らの議会政策派と論争、堺らと金曜会を結成して社会主義講演会を組織。42年管野すがと「自由思想」を創刊。43年天皇暗殺計画“大逆事件”に連座し逮捕、翌年1月絞首刑に処せられた。著書に「廿世紀之怪物帝国主義」「社会主義神髄」「基督抹殺論」、「幸徳秋水全集」(全11巻)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

幸徳 秋水
コウトク シュウスイ


本名
幸徳 伝次郎(コウトク デンジロウ)

生年月日
明治4年9月23日

出生地
高知県幡多郡中村町(現・中村市)

学歴
中村中卒

経歴
薬種商と酒造業を営む旧家の三男に生まれ、子どもの頃から神童といわれた。少年期から自由民権思想を抱き、明治21年中江兆民の書生となり、その思想・人格に感化される。「自由新聞」「広島新聞」「中央新聞」を経て、31年「万朝報」の論説記者となり、名文家として頭角を現す。同年社会主義研究会に入り社会主義者に転じ、34年片山潜らと社会民主党を結成(即日禁止)。36年日露開戦に反対して堺利彦らと平民社を結成、「平民新聞」を発刊、開戦後も“非戦論”を展開する。38年「平民新聞」は廃刊させられ、同紙の筆禍事件で入獄。出獄後、保養を兼ねて渡米、39年在米日本人で社会革命党を結成。この頃よりクロポトキンなどの影響でアナーキズムに傾斜する。帰国後の40年第2回日本社会党大会で直接行動論を掲げ、片山らの議会政策派と論争、堺らと金曜会を結成して社会主義講演会を組織。42年管野すがと「自由思想」を創刊。43年天皇暗殺計画“大逆事件”に連座し逮捕、翌年1月絞首刑に処せられた。著書に「廿世紀之怪物帝国主義」「社会主義神髄」「基督抹殺論」、「幸徳秋水全集」(全11巻)などがある。

没年月日
明治44年1月24日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

幸徳 秋水 (こうとく しゅうすい)

生年月日:1871年9月23日
明治時代の社会主義者
1911年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幸徳 秋水の関連情報