底筒男命(読み)そこつつのおのみこと

朝日日本歴史人物事典「底筒男命」の解説

底筒男命

日本話に登場する航海の神で,住吉大神の1柱。伊奘諾尊が,黄泉の国の穢れを清めるため,筑紫の日向の橘の小戸の檍原でをして,水底で身をすすいだときに出現。このとき,水中では中筒男命が,水上では表筒男命が現れた。この3柱の筒男神が住吉大神であり,住吉大社(大阪市住吉区)の3座の祭神である。3神は,神功皇后に神懸りして三韓出兵を指示,また皇后の男子(応神天皇)出産を予言する。皇后の新羅征討に際しては,この神の和魂は皇后の守護を,荒魂は軍船の先導をした。新羅平定後,荒魂を穴門の山田邑(下関市一の宮町の住吉神社)に,和魂を摂津の住吉郡(大阪の住吉大社)に祭ったという。神功皇后と,その新羅征討には極めてかかわりが深いといえる。<参考文献>上田正昭編『住吉と宗像の神』

(寺田恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「底筒男命」の解説

底筒男命 そこつつのおのみこと

記・にみえる神。
黄泉(よみ)の国の汚れをあらいながそうと,伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が日向(ひゅうが)で禊(みそぎ)をしたとき水底で生まれた。中筒男(なかつつのおの)命と表筒男(うわつつのおの)命とあわせて住吉大神とされる。「日本書紀」にこの3神が神功皇后(じんぐうこうごう)の三韓征討に際して,皇后に神託をくだす説話がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「底筒男命」の解説

そこつつのお‐の‐みこと そこつつのを‥【底筒男命】

記紀などに見える航海の神。伊邪那岐命(いざなぎのみこと)の子。上筒男之命(うわつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)とともに住吉神社の祭神。そこつつお。
古事記(712)上「其の底筒之男命(そこつつのをのみこと)、中筒之男命、上筒之男命の三柱の神は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android