コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座禅草 ザゼンソウ

デジタル大辞泉の解説

ざぜん‐そう〔‐サウ〕【座禅草】

サトイモ科の多年草。中部地方以北の山間の湿地に自生。全体に悪臭がある。葉は大きい心臓形で長さ約40センチ。4月ごろ、葉の開かないうちに、紫黒色の厚い仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれた花をつける。名はこの形に由来。だるまそう。べこのした。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ざぜんそう【座禅草】

サトイモ科の多年草。山中の湿地に生え、臭気がある。葉は大形の心円形で長柄がある。早春、葉が開出する前に短い花茎を立て、半卵形で大形の仏炎苞に包まれた肉穂花序を単生する。ミズバショウに似るが、仏炎苞は暗褐色。ダルマソウ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

座禅草 (ザゼンソウ)

学名:Symplocarpus foetidus var.latissimus
植物。サトイモ科の多年草,園芸植物,薬用植物

座禅草 (ザゼンソウ)

植物。キク科の多年草,薬用植物。ノブキの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

座禅草の関連キーワードミズバショウ暗褐色仏炎苞

座禅草の関連情報