(読み)ショ

デジタル大辞泉の解説

しょ【庶】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショ(呉)(漢) [訓]こいねがう
一般の人。もろびと。「庶民士庶衆庶
もろもろの。いろいろな。雑多な。「庶政庶務
正妻でない女性から生まれた子。「庶子庶出
こいねがう。「庶幾
[名のり]ちか・もり・もろ
[難読]庶幾(こいねが)う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ【庶】

〘名〙 正妻でない女性の子。妾(めかけ)の子。妾腹。
※日本外史(1827)八「家兄庇其庶、吾則庇其嫡

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【軍制】より

…また戦闘員相互の間のけんかは,平時においても両成敗とされた。さらに軍隊を支える役割を公的義務とされた農・工・商の庶民も私戦禁止の対象とされた。1588年の刀狩は,その手段である武器を奪うことによって私戦の能力を剝奪し,紛争を自力で解決できない政治的能力を欠いた被治者として庶民を位置づけるところに,そのねらいがあった。…

※「庶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庶の関連情報