コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショ

デジタル大辞泉の解説

しょ【庶】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショ(呉)(漢) [訓]こいねがう
一般の人。もろびと。「庶民士庶衆庶
もろもろの。いろいろな。雑多な。「庶政庶務
正妻でない女性から生まれた子。「庶子庶出
こいねがう。「庶幾
[名のり]ちか・もり・もろ
[難読]庶幾(こいねが)う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【軍制】より

…また戦闘員相互の間のけんかは,平時においても両成敗とされた。さらに軍隊を支える役割を公的義務とされた農・工・商の庶民も私戦禁止の対象とされた。1588年の刀狩は,その手段である武器を奪うことによって私戦の能力を剝奪し,紛争を自力で解決できない政治的能力を欠いた被治者として庶民を位置づけるところに,そのねらいがあった。…

※「庶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

庶の関連キーワード洪範九疇・洪範九畴青蓮院宮尊祐法親王一乗院宮尊賞法親王播る・延る・被る君は舟,臣は水中人・仲人・媒剥取・剝取岡出 幸生家子郎党諏訪頼重志賀義天綏靖天皇久我東愚洪範九疇梅園篤彦王子喬羽林家結城氏岩松氏土岐氏

庶の関連情報