廓然無聖(読み)カクネンムショウ

大辞林 第三版の解説

かくねんむしょう【廓然無聖】

〔「伝灯録」 「碧巌へきがん録」にある達磨だるまの言葉。「廓然」はからりとしているさま〕
真如の世界は広々としていて大きく絶対平等であり、聖人と凡夫、仏と衆生との区別がないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かくねん‐むしょう クヮクネンムシャウ【廓然無聖】

〘名〙 (「然」は大空のからりと晴れあがったさま。大悟の境地を形容したもの) 仏語。禅における公案の一つ。絶対に不変である真如界は、凡人と聖人とのはっきりした区別などがないということ。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「廓然無聖などと乙な理窟を考へ込んで居る」 〔景徳伝燈録‐三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android