廷吏(読み)ていり

精選版 日本国語大辞典「廷吏」の解説

てい‐り【廷吏】

〘名〙 裁判所で、法廷内の各種事務に従事したり、書類の送達をしたりする職員。旧称、廷丁(ていてい)。〔裁判所法(1947)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「廷吏」の解説

ていり【廷吏】

で裁判官の命ずる事務を取り扱うことを主たる任務として,各裁判所に置かれる裁判所職員をいう。おもな仕事は,法廷の整理,整頓清掃などの環境整備,法廷における裁判手続の進行に伴う書類や証拠物の授受運搬,法廷の秩序維持のため発動される裁判長の法廷警察権行使の補助,一定範囲の訴訟書類の送達などである。任命資格は一般の国家公務員に準ずるが,通常は初級裁判所職員採用試験に合格した裁判所事務官の中から命じられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android