弁入道真観(読み)べんにゅうどうしんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁入道真観
べんにゅうどうしんかん

[生]建仁3(1203)
[没]建治2(1276).6.9.
鎌倉時代中期の歌人。俗名藤原光俊。権中納言光親の子。右大弁正四位。承久の乱に連座して流され,帰京後作歌にいそしみ,藤原定家の門に入ったが,その死後は定家の子の為家と対立。鎌倉に下り,将軍宗尊親王の和歌師範をつとめた。『続古今和歌集撰者の一人。私撰集『現存和歌六帖』 (1249) ,『秋風和歌集』のほか,歌論書『簸河上 (ひのかわかみ) 』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android