弁護士法(読み)べんごしほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁護士法
べんごしほう

昭和 24年法律 205号。日本国憲法のもとの弁護士職責の重大性にかんがみ,その地位の向上を目指して制定された弁護士に関する基本法。弁護士自治の原則に基づき,弁護士の使命職務,資格,登録,権利義務および弁護士会日本弁護士連合会,資格審査,懲戒,非弁護士の法律事務の取り扱いの原則的禁止などに関する事項を規定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

べんごしほう【弁護士法】

弁護士の職務・資格・登録や弁護士会に関する事項を規定する弁護士制度の基本法。1949年(昭和24)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

べんごし‐ほう ‥ハフ【弁護士法】

〘名〙 弁護士について、その資格・職務・義務・弁護士会などの事項を定めた法律。現行のものは昭和二四年(一九四九)制定。〔弁護士法(明治二六年)(1893)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弁護士法の関連情報