コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁護士法 べんごしほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁護士法
べんごしほう

昭和 24年法律 205号。日本国憲法のもとの弁護士職責の重大性にかんがみ,その地位の向上を目指して制定された弁護士に関する基本法。弁護士自治の原則に基づき,弁護士の使命職務,資格,登録,権利義務および弁護士会日本弁護士連合会,資格審査,懲戒,非弁護士の法律事務の取り扱いの原則的禁止などに関する事項を規定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

べんごし‐ほう〔‐ハフ〕【弁護士法】

弁護士の使命・職務・資格・登録・権利義務などのほか、弁護士会および懲戒に関する事項を規定している法律。昭和24年(1949)施行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べんごしほう【弁護士法】

弁護士の職務・資格・登録や弁護士会に関する事項を規定する弁護士制度の基本法。1949年(昭和24)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弁護士法の関連キーワード西村真悟衆院議員による弁護士法違反事件西村真悟衆院議員の弁護士法違反事件弁護士の懲戒請求女性弁護士の誕生弁護士費用特約黒死館殺人事件利益相反行為民事訴訟法弁護士法人サービサー刑事訴訟法高橋 千代行政書士菊間千乃司法書士横粂勝仁法律扶助非弁活動懲戒請求懲戒制度

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弁護士法の関連情報