コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引っ掛(か)る/引っ懸(か)る ヒッカカル

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐かか・る【引っ掛(か)る/引っ懸(か)る】

[動ラ五(四)]
物にかかってそこに止まる。「風船が木の枝に―・る」
途中で立ち寄る。また、手間どる。「飲み屋に―・る」
やっかいなことにかかわりあう。関係が生じる。「選挙違反に―・る」「悪い男に―・る」
計略にはまる。だまされる。「敵のわなに―・る」「甘い言葉に―・る」
こだわりが残る。すっきりしない感じがする。「言い方に何か―・るものがある」
監視・規制などによってとがめられる。また、そのために止められる。「書類の不備で―・る」「一斉検問に―・る」
水などがふりかかる。「車のしぶきが―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android