引っ掛(か)る/引っ懸(か)る(読み)ヒッカカル

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐かか・る【引っ掛(か)る/引っ懸(か)る】

[動ラ五(四)]
物にかかってそこに止まる。「風船が木の枝に―・る」
途中で立ち寄る。また、手間どる。「飲み屋に―・る」
やっかいなことにかかわりあう。関係が生じる。「選挙違反に―・る」「悪い男に―・る」
計略にはまる。だまされる。「敵のわなに―・る」「甘い言葉に―・る」
こだわりが残る。すっきりしない感じがする。「言い方に何か―・るものがある」
監視・規制などによってとがめられる。また、そのために止められる。「書類の不備で―・る」「一斉検問に―・る」
水などがふりかかる。「車のしぶきが―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android