引渡し(読み)ひきわたし(英語表記)traditio; Übertragung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「引渡し」の解説

引渡し
ひきわたし
traditio; Übertragung

法律用語。当事者合意に基づく占有移転。引渡しとしては,現実の引渡し (民法 182条1項) だけでなく,観念的な引渡しを認めている。簡易の引渡し,たとえば賃貸人が賃貸物所有権賃借人譲渡して引渡すには,賃貸人がいったん賃貸物を取戻したうえ,あらためて現実の引渡しをするような手間を省いて,引渡しを受けるが現実に占有しているときは,単に当事者の意思表示だけで引渡しがあったものと認められること (同条2項) ,および占有改定 (183条) ,指図による引渡し (184条) がそれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「引渡し」の解説

引渡し【ひきわたし】

民法上,占有を移転すること。単に現実の引渡し(物の上の現実の支配の移転)のみならず,占有改定,簡易の引渡し,指図による引渡しをも含む。引渡しは動産物権譲渡の対抗要件である(民法178条)。
→関連項目公示の原則

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「引渡し」の解説

ひき‐わたし【引(き)渡し】

拘束した人や占有した物を他に引き渡すこと。また、売買契約の成立した商品などを売り手から買い手に引き渡すこと。
幕などを張り渡すこと。
「かりそめの仮り屋などいへど、風すくまじく―などしたるに」〈更級
遊女を客に引き合わせること。
「かか衆が―の酒事(ささごと)すぎて」〈浮・一代男・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「引渡し」の解説

ひきわたし【引渡し】

法律用語としては,まず民法178条が,動産に関する物権の譲渡には対抗要件として〈引渡し〉が必要であるとしており,そこでいう引渡しは占有の移転を意味し,現物を実際に引き渡す場合(現実の引渡し)のほか,簡易(の)引渡し(譲受人またはその代理人が現に占有物を所持している場合に当事者の意思表示のみによってなされるもの。182条2項),占有改定(自己の占有物を爾後本人(譲受人)のために占有するの意思表示をして本人に間接占有を得させるもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android