弘仁式(読み)こうにんしき

精選版 日本国語大辞典「弘仁式」の解説

こうにんしき【弘仁式】

弘仁一一年(八二〇弘仁格と同時に選進された。全四〇巻。格と同時に奏進されたが、すぐには施行されず、訂されて天長七年(八三〇)改めて奏進、施行。ほとんどが散逸し、式部下・主税上の断簡(「新訂増補国史大系」所収)および諸書に引用された逸文のみが残されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android