弘仁格(読み)こうにんきゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

大宝元年(七〇一)から弘仁一〇年(八一九)に至る間の格を集めたもの。全十巻。弘仁一一年四月、式と共に奏進されて、格は直ちに施行されたようである。本文は散逸したが、「弘仁格式序」が「類聚三代格」に収録され、また目録が「弘仁格抄」として残る。共に「新訂増補国史大系」所収。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android