コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘法麦 コウボウムギ

デジタル大辞泉の解説

こうぼう‐むぎ〔コウボフ‐〕【×弘法麦】

カヤツリグサ科の多年草。海岸の砂地に生え、高さ10~20センチ雌雄異株。晩春、大形の花穂をつける。ふでくさ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぼうむぎ【弘法麦】

カヤツリグサ科の多年草。海岸の砂地に生える。全体に堅く、葉は根生し線形。雌雄異株。晩春、茎頂付近に多数の小穂から成る花穂をつけ、ムギに似た実がなる。フデクサ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone