弘法麦(読み)コウボウムギ

大辞林 第三版の解説

こうぼうむぎ【弘法麦】

カヤツリグサ科の多年草。海岸の砂地に生える。全体に堅く、葉は根生し線形。雌雄異株。晩春、茎頂付近に多数の小穂から成る花穂をつけ、ムギに似た実がなる。フデクサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうぼう‐むぎ コウボフ‥【弘法麦】

〘名〙
① カヤツリグサ科の多年草。各地の海辺の砂地に生える。根茎は長く砂中をはい、所々から茎を地上に出す。稈は三稜あり、高さ一〇センチメートルぐらい。葉は根生し長さ二〇~三〇センチメートル、幅五~一〇ミリメートルの線状で湾曲して強靱で先はとがり縁には鋭い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。春から夏にかけ、稈頂に長楕円状卵形で長さ四~六センチメートルの淡緑色の花穂を単生する。漢名、草。はまむぎ。ふでぐさ。
※俳諧・糸屑(重安編)(1675)四「弘法まくは高野の山田哉〈寸心〉」
② 植物「こうばく(麦)」の古名。〔薬品手引草(1778)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android