コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘道館記 こうどうかんき

大辞林 第三版の解説

こうどうかんき【弘道館記】

弘道館の教育方針を宣言した書。一巻。藤田東湖が起草、1838年徳川斉昭の名で公表。その注釈書「弘道館記述義」(東湖著、1847年成立)とともに水戸学の精神を伝える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弘道館記の関連キーワード弘道館記述義会沢正志斎藤田東湖徳川斉昭旧弘道館弘道館水戸学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弘道館記の関連情報