弥生時代人(読み)やよいじだいじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弥生時代人
やよいじだいじん

日本の縄文時代に続く弥生時代の人々。その人骨は,顔が幅広くて隆起に富み,身長が比較的低いという縄文時代人の特徴を強く残している在来型と,顔が面長で,みけんや鼻骨の隆起が弱く,身長が縄文人よりも高い,いわゆる渡来系とに区別される。前者は全国各地の海岸部や山間部の遺跡で発見されるが,比較的少数であるのに対して,後者は西日本,特に北部九州と山口県の平野部の遺跡を中心に多数発見されている。山口県の土井ヶ浜,佐賀県の三津,福岡県の金隈などの遺跡で出土した人骨で代表される渡来系弥生人は,大陸から稲作と金属器の文化を日本列島にもたらし,縄文文化系の人々に強い遺伝的・文化的影響を及ぼしながら,次第にその分布域を東に拡大して,今日の日本人の原型を形成するようになったものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥生時代人の関連情報