コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弩爾哈斉・奴児哈赤 ヌルハチ

大辞林 第三版の解説

ヌルハチ【弩爾哈斉・奴児哈赤】

1559~1626) 中国、清朝の創始者(在位1616~1626)。姓はアイシンギョロ(愛新覚羅)。廟号びようごうは太祖。建州女直の首長から汗位につき国号を後金と称し、八旗制度の制定や満州文字の発明など清朝の基礎を築いた。明軍をサルフで破ったが、のち戦傷死。 〔「弩爾哈斉」 「奴児哈赤」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弩爾哈斉・奴児哈赤の関連キーワードアイシンギョロ弩爾哈斉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android