弩爾哈斉・奴児哈赤(読み)ヌルハチ

大辞林 第三版の解説

ヌルハチ【弩爾哈斉・奴児哈赤】

1559~1626) 中国、清朝の創始者(在位1616~1626)。姓はアイシンギョロ(愛新覚羅)。廟号びようごうは太祖。建州女直の首長から汗位につき国号を後金と称し、八旗制度の制定や満州文字の発明など清朝の基礎を築いた。明軍をサルフで破ったが、のち戦傷死。 〔「弩爾哈斉」 「奴児哈赤」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ヌルハチ【弩爾哈斉・奴児哈赤】

中国、清朝初代の皇帝(在位一六一六‐二六)。廟号は太祖。姓は愛新覚羅。東北の女真族の族長から身を起こし、汗位について後金と称した。女真族の統合、満州文字の制定などにより清朝発展の基礎を確立。明の軍を各地で破るが、寧遠城で撃破されその年に死没。(一五五九‐一六二六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android