弩爾哈斉・奴児哈赤(読み)ヌルハチ

大辞林 第三版の解説

ヌルハチ【弩爾哈斉・奴児哈赤】

1559~1626) 中国、清朝の創始者(在位1616~1626)。姓はアイシンギョロ(愛新覚羅)。廟号びようごうは太祖。建州女直の首長から汗位につき国号を後金と称し、八旗制度の制定や満州文字の発明など清朝の基礎を築いた。明軍をサルフで破ったが、のち戦傷死。 〔「弩爾哈斉」 「奴児哈赤」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android