コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満州文字 まんしゅうもじManchu script

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満州文字
まんしゅうもじ
Manchu script

満州語の文献に用いられる文字。1632年にダハイ(達海)が太宗ホンタイジ(皇太極)の命を受けてつくった,いわゆる有圏点満州文字をさす。モンゴル文字圏点(「◦」や「﹅」)をつけて満州語の音を正確に表せるように改良したもの。音素文字ではあるが一語は続けて書き表し,同音の字が語頭,語中,語末で字形を異にすることがある。縦書きで,行は左から右へ追う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まんしゅうもじ【満州文字】

満州語の表記に用いられてきた音素文字。清の太祖のとき、蒙古もうこ文字を応用して表記したのに始まり、二代太宗のとき、これらの文字に圏点を付すなどの改良を加えて成立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の満州文字の言及

【満州語】より

…シベ族の総人口は4万4000(1978)であるが,そのうちシベ語を使う新疆のシベ人は2万余りである。満州語には,口語と満州文字で書く文語とがある。
[特徴]
 満州語の音韻については,文語によってみると,同一の語幹のなかに,通常は,aとəがともにあらわれることはなく,またoとəがともにあらわれることもない。…

※「満州文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

満州文字の関連キーワードヌルハチ(奴児哈赤)弩爾哈斉・奴児哈赤ダハイ(達海)チンギス・ハンウイグル文字西域同文志シリア文字弩爾哈斉ソグド人蒙古

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android