当麻智徳(読み)たいまの ちとこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「当麻智徳」の解説

当麻智徳 たいまの-ちとこ

?-711 飛鳥(あすか)時代の官吏
持統天皇2年(688)天武天皇の喪礼において皇祖の日継(ひつぎ)の次第(皇統譜)をよみあげ,弔意を表した。6年伊勢(いせ)行幸の留守官。持統天皇や文武(もんむ)天皇の大葬のときにも弔辞をのべた。従四位上。和銅4年5月11日死去。名は智得ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android