コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻蹶速 たいまのけはや

4件 の用語解説(当麻蹶速の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当麻蹶速
たいまのけはや

垂仁天皇の世に大和国当麻邑 (奈良県北葛城郡) にいたと伝えられる豪族の一人。『日本書紀』垂仁天皇7年7月7日の条によれば,強力で相撲の技を誇り,常に力比べの相手を捜していたが,その驕慢さを天皇に憎まれ,天皇が出雲から招いた野見宿禰と対決して脇骨を踏み砕かれ,腰を踏み折られて死んだという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

当麻蹶速【たいまのけはや】

垂仁天皇時代の当麻の人。野見宿禰(のみのすくね)と力くらべをして腰を折られたという。古訓は〈たぎまのくゑはや〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

当麻蹶速 たいまの-けはや

日本書紀」にみえる力士。
大和(奈良県)当麻郷の豪族。強力,勇猛をほこっていたので,垂仁(すいにん)天皇が出雲(いずも)(島根県)より野見宿禰(のみのすくね)をよんで相撲をとらせたところ,宿禰にけり殺され,土地を没収された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

当麻蹶速

『日本書紀』にみえる力自慢の人物。垂仁天皇の時代,大和国の当麻邑(奈良県当麻町)に住み,どうにかして自分より強い者と力比べをしてみたいと豪語していた。これを耳にした天皇は,出雲国から野見宿禰を召し出して,闘わせる。両者蹴り合いの末,蹶速は蹴り殺される。この対決は広く相撲の起こりとして知られ,蹶速の出身地とされる当麻町には蹶速塚があり,また近年相撲史料などを納めた「けはや座」なども設けられた。ただし,より正確にいえば,奈良から平安時代にかけて催されていた宮中の相撲節会の起源譚とすべきもの。なお蹶(=蹴)速とは足技にすぐれたことにちなむ名である。<参考文献>小島貞二総監修『図録「日本相撲史」総覧』

(神田典城)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の当麻蹶速の言及

【野見宿禰】より

…力士の始祖とされる人物。《日本書紀》垂仁天皇7年7月7日条に野見宿禰と当麻蹶速(たいまのけはや)の相撲譚がある。大和の当麻に蹶速という強力の人がおり,ならびなき天下の力士を誇っていた。…

※「当麻蹶速」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

当麻蹶速の関連キーワード愚公力自慢磐城別磐衝別命大中姫命弟媛(1)苅幡戸辺吉備山甕襲倭彦命

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当麻蹶速の関連情報