コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦坂光正 ひこさか みつまさ

2件 の用語解説(彦坂光正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彦坂光正 ひこさか-みつまさ

1565-1632 織豊-江戸時代前期の武士。
永禄(えいろく)8年生まれ。徳川家康の家臣。長久手の戦いに功をたて,駿府町奉行となる。のち家康の遺言によって紀伊(きい)和歌山藩主徳川頼宣(よりのぶ)の付家老をつとめた。寛永9年日光山に隠退し,2月29日死去。68歳。三河(愛知県)出身。通称は九兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

彦坂光正

没年:元和9.2.29(1623.3.29)
生年:弘治1(1555)
江戸初期の駿府町奉行今川義元の家臣成光と苅屋彦五郎某の娘の子。徳川家康に仕え,天正12(1584)年の長久手の戦で戦功をあげた。家康の駿府引退後は駿府町奉行を務め,慶長17(1612)年には2160石余を領した。翌18年4月14日,後藤庄三郎のもとへ古田織部から借金を請う書状が届いた。後藤は怪しく思い使者を糾したところ盗賊であることが判明し,早速町奉行彦坂に注進した。彦坂は手勢を調えかの使者の宿に押し入り首謀者を捕らえたが,その際,配下の若党67名が負傷,3名が即死するという大捕物であった。しかも宿主は家康の歩行奉公人であったとされる。元和2(1616)年からは徳川頼宣に付属したが,まもなく主家を辞し日光に入山したという。<参考文献>『当代記』

(小池進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彦坂光正の関連キーワード今川範以江戸町奉行駿府町奉行北町奉行南町奉行今川氏豊岡部長教吉良義尭嶋正祥

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone