後来(読み)コウライ

大辞林 第三版の解説

こののち。将来。今後。 -多望の麒麟児/金時計 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① こののち。ゆくすえ。将来。
※田氏家集(892頃)下・重陽日登高望大宮賜詞臣菊酒「今歳重陽明歳到、後来菊酒酔重闈
※俳諧・一字般若(1772)「覆かくして云紛らすは己を欺くにて、後来の恥を残すなり」 〔漢書‐両粤伝〕
② 遅れて来ること。また、その人。
※正法眼蔵(1231‐53)仏道「後来の阿師等、かつて仏法の全道をきかず」 〔楚辞‐九歌・山鬼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android