後来(読み)コウライ

デジタル大辞泉の解説

こう‐らい【後来】

こののち。行く末。将来。
「手を取って―を語ることも出来ず」〈左千夫野菊の墓
遅れて来ること。また、その人。
「呼び入れて、―とて酒すすめて」〈沙石集・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうらい【後来】

こののち。将来。今後。 「 -多望の麒麟児/金時計 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐らい【後来】

〘名〙
① こののち。ゆくすえ。将来。
※田氏家集(892頃)下・重陽日登高望大宮賜詞臣菊酒「今歳重陽明歳到、後来菊酒酔重闈
※俳諧・一字般若(1772)「覆かくして云紛らすは己を欺くにて、後来の恥を残すなり」 〔漢書‐両粤伝〕
② 遅れて来ること。また、その人。
正法眼蔵(1231‐53)仏道「後来の阿師等、かつて仏法の全道をきかず」 〔楚辞‐九歌・山鬼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android