コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後発医薬品 こうはついやくひん generic

翻訳|generic

6件 の用語解説(後発医薬品の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

後発医薬品

先発医薬品(新薬)より安価で供給される医薬品。国民医療費の削減及び患者負担の軽減に貢献するものとされている。先発医薬品は新たに開発された医薬品であり、一定期間(20〜25年)は特許等で保護され、独占販売される。しかし、特許期間満了後は、同じ成分や効果を持つ医薬品を、他の医薬品製造企業が後発医薬品として、より低価格で提供することができるようになる。後発医薬品を製造・販売するためには、新薬と同様の性能(効果)であることを証明し、厚生労働省から承認を受けなければならない。後発医薬品の承認に当たっては、先発医薬品の使用実績があるため、審査項目は少なくなる。厚労省は後発医薬品の使用を推進するために、2006年4月、処方せんの様式を変更した。処方せんの「備考」欄に「後発医薬品への変更可」というコーナーを設け、処方した医師が捺印・署名した場合に、薬剤師が先発品から後発品への切り替えを行えるようにした。患者が、この処方せんを調剤薬局に提出すれば、希望に応じて先発医薬品と後発医薬品のどちらかを選択することが可能となる。

(澤田康文 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

後発医薬品

新薬の特許期間(20~25年)が切れた後に、別のメーカーが新薬と同じ有効成分を使って売り出す薬。開発費がかからず、価格が割安なのが特徴だ。

(2010-10-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうはつ‐いやくひん【後発医薬品】

ジェネリック3

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

後発医薬品【こうはついやくひん】

新薬(ブランド品)の特許期間経過後に発売される,有効成分,投与経路,用法用量,効能・効果が同等の薬品のこと。効果と安全性が確認されたものである。ただし,製造方法がブランド品とまったく同じとは限らないため,効果,副作用もまったく同じとは限らない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こうはついやくひん【後発医薬品】

新薬の特許期間終了後に製造・販売される、化学的には同じ成分の医薬品。俗にゾロ品ともいう。ジェネリック薬。後発品。後発薬。後発薬品。 → 先発医薬品

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後発医薬品
こうはついやくひん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後発医薬品の関連キーワードジェネリック医薬品バイオジェネリック製薬の2010年問題ジェネリック先発医薬品ジェネリック品先発薬ぞろ薬日医工日新薬品工業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後発医薬品の関連情報