コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐歩 ジョホ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐ほ【徐歩】

[名](スル)
静かにゆっくりと歩くこと。
「路傍の草花を観賞しながら―し去る時」〈織田訳・花柳春話〉
昔、節会(せちえ)の際の作法。足を普通に交互に踏み出して静かに重々しく歩く歩き方。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょほ【徐歩】

( 名 ) スル
しずしずとゆっくり歩むこと。緩歩。徐行。 「力を極て頻に鞭つと雖も、象は尚ほ平気にて-す/浮城物語 竜渓
節会せちえなどの儀式の際、足を普通に踏み出して重々しく静かに歩くこと。 → 練歩

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone