コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐歩 ジョホ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐ほ【徐歩】

[名](スル)
静かにゆっくりと歩くこと。
「路傍の草花を観賞しながら―し去る時」〈織田訳・花柳春話
昔、節会(せちえ)の際の作法。足を普通に交互に踏み出して静かに重々しく歩く歩き方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょほ【徐歩】

( 名 ) スル
しずしずとゆっくり歩むこと。緩歩。徐行。 「力を極て頻に鞭つと雖も、象は尚ほ平気にて-す/浮城物語 竜渓
節会せちえなどの儀式の際、足を普通に踏み出して重々しく静かに歩くこと。 → 練歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徐歩の関連キーワード草花路傍練歩節会緩歩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android