(読み)ジョ

精選版 日本国語大辞典の解説

おもむる【徐】

〘形動〙 =おもむろ(徐)〔観智院本名義抄(1241)〕
※毛詩永正九年点(1512)一「貞女吉士の礼を以て脱脱然として舒(オモムル)ならんことを欲す」

おもむろ【徐】

〘形動〙 動き方がゆっくりしているさま。しずか。ゆるやか。おもふる。おもむる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉魔睡・天鵝絨のにほひ「おもむろに悩みまじろふ色の陰影(かげ)
[語誌](1)「おもふる」の変化したものとする説が有力だが、確かではない。
(2)文献上は「色葉字類抄」の例が突出して古いが、同書と関係の深い「世俗字類抄」や「十巻本伊呂波字類抄」には見えず、あるいは後世の混入、誤写か。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徐の関連情報