コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒長枝 とちょうし

盆栽用語集の解説

徒長枝

伸びたままの、勢いの強い枝のこと。徒長枝をそのままにしておくと、養分がそこへ流れすぎるため他の枝の生長が遅くなる。養成中の樹や、枝・幹に太みを得たい場合は犠牲枝としてこれを放置することもある。いずれにしても組織の成熟を伴わないまま太っていくので、花芽などは結実しにくい。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちょうし【徒長枝 water sprout】

果樹や花木では,その年伸長した枝に花芽が着生するが,強い剪定(せんてい)を行った場合などには,太枝の切口付近から,太く,直立し,節間が長く,遅くまで伸長を続ける枝が発生する。このような枝は徒長枝と呼ばれ,花芽を着けず,樹形を乱すために嫌われ,剪定の際に切り落とすのが普通である。花芽の着生は枝の炭水化物含量と関連があり,枝の生長が盛んで,葉で合成された炭水化物の多くがそれに消費され,枝に蓄積する炭水化物が少なくなると,花芽は着生しない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とちょうし【徒長枝】

樹木の剪定せんていした切り口付近から、直立して出る発育のよい枝。花芽をつけず樹形を乱すことから、普通は切り落とす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徒長枝の関連キーワードシュート(植物器官)ハマナツメ(浜棗)植木(園芸樹木)ウグイスカグラユーカリノキ鉢物栽培呼び接ぎひこばえ仕立てカツラ発育樹木接木短枝摘芽