徒長枝(読み)とちょうし

盆栽用語集の解説

徒長枝

伸びたままの、勢いの強いのこと。徒長枝をそのままにしておくと、養分がそこへ流れすぎるため他の枝の生長が遅くなる。養成中の樹や、枝・に太みを得たい場合は犠牲枝としてこれを放置することもある。いずれにしても組織成熟を伴わないまま太っていくので、花芽などは結実しにくい。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とちょう‐し トチャウ‥【徒長枝】

〘名〙 徒長の状態にある枝。特に長く伸長した枝。花芽をつけず、樹形を乱すために切り去ることが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちょうし【徒長枝 water sprout】

果樹や花木では,その年伸長した枝に花芽が着生するが,強い剪定(せんてい)を行った場合などには,太枝の切口付近から,太く,直立し,節間が長く,遅くまで伸長を続ける枝が発生する。このような枝は徒長枝と呼ばれ,花芽を着けず,樹形を乱すために嫌われ,剪定の際に切り落とすのが普通である。花芽の着生は枝の炭水化物含量と関連があり,枝の生長が盛んで,葉で合成された炭水化物の多くがそれに消費され,枝に蓄積する炭水化物が少なくなると,花芽は着生しない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android