コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御先 オサキ

デジタル大辞泉の解説

お‐さき【御先】

他人を敬って、その人の「先」をいう語。「お先に失礼します」「どうぞお先へ」
前途。将来。→御先真っ暗
人の手先に使われる者を軽んじていう語。「お先に使われる」

み‐さき【御先/前】

貴人などの先払い。前駆。
神が使者として遣わす動物。カラス・キツネなど。
変死人の霊魂。特に、西日本地方でいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おさき【御先】

相手を敬って「先」を丁寧にいう語。 「どうぞ-にお召し上がり下さい」 「私は-へ御飯戴きます/金色夜叉 紅葉」 〔明治時代までは「お先へ」の形が用いられた〕
(「お先に・お先に失礼します」の形で)相手よりも先に物事を行う時にいう挨拶のことば。 「 -、と言って帰る」
将来。先。
人を手先に使うこと。また、人に利用される者。 「 -に許り遣はれて/洒落本・南閨雑話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御先の関連キーワードMaroko 麿子問い切り・問切り明治神宮外苑御先・御前長谷川平蔵金色夜叉尾裂き狐吉田長淑柳亭種彦小松左京天野信景内藤広前北山寒巌宮崎重政しった先払い北条藩しゃる狐憑き一刀流

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御先の関連情報