コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御匣殿/御櫛笥殿 ミクシゲドノ

デジタル大辞泉の解説

みくしげ‐どの【×匣殿/××笥殿】


内裏の貞観殿(じょうがんでん)の中にあり、内蔵寮で調進する以外の天皇の衣服などの裁縫をする所。
《「御匣殿の別当」の略》御匣殿の女官の長で、上﨟女房がなる。
貞観殿の異称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みくしげどの【御匣殿】

内裏の貞観殿じようがんでんのこと。
貞観殿の中にある、装束を調進した所。また、大臣家などでも装束所のことを称した。
に仕える官女の長である御匣殿別当の略。上﨟じようろう女房。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御匣殿/御櫛笥殿の言及

【貞観殿】より

…南は常寧殿と渡廊でつながっている。一名,御匣殿(みくしげどの)ともいわれていた。東は宣耀殿,西は登花殿に反(そり)橋でつながっている。…

※「御匣殿/御櫛笥殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御匣殿/御櫛笥殿の関連キーワード上臈女房・上﨟女房・上臘女房藤原貴子藤原尊子藤原生子敦康親王逢春門院藤原脩子朧月夜装束官女内裏上臈女官