コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御堀耕助 みほり こうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御堀耕助 みほり-こうすけ

1841-1871 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年7月7日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士禁門の変のあと御楯隊を組織し,総督となる。明治元年藩の参政,翌年山県有朋(やまがた-ありとも)らとヨーロッパ視察に派遣されたが病気で帰国した。明治4年5月13日死去。31歳。旧名は太田市之進。名は直方。号は春江

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

御堀耕助

没年:明治4.5.13(1871.6.30)
生年:天保12.7.7(1841.8.23)
幕末長州(萩)藩の志士。御楯隊総督。名は直方,実名は大田市之進。長州藩八組士大田要蔵の子として萩に生まれる。18歳のとき江戸に出て,斎藤弥九郎に剣を学ぶ。人となり魁偉で,武勇人に絶した。京都で尊王攘夷運動に加わり,文久3(1863)年,中山忠光に随従して帰藩。元治1(1864)年の禁門の変では,大垣兵と戦って勇名を馳せた。同年,建言して御楯隊を結成,総督となる。慶応2(1866)年の幕長戦争では芸州口(広島県)で戦功を立て,翌年参政に進んだ。明治2(1869)年,命を受けてヨーロッパに向かう途中病気にかかり,同4年病死。年31。

(三宅紹宣)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

御堀耕助 (みほりこうすけ)

生年月日:1841年7月7日
江戸時代末期;明治時代の長州(萩)藩士;志士;御楯隊総督
1871年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

御堀耕助の関連キーワード明治時代生年月日没年武士

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android