春江(読み)はるえ

日本大百科全書(ニッポニカ)「春江」の解説

春江
はるえ

福井県北西部、坂井郡にあった旧町名(春江町(ちょう))。現在は坂井市の南部を占める地域。福井市に接し、西端を九頭竜川(くずりゅうがわ)が北流し水田が開ける。旧春江町は1942年(昭和17)町制施行。1955年(昭和30)大石村と合併。2006年(平成18)同郡三国(みくに)町、丸岡(まるおか)町、坂井(さかい)町と合併して市制施行、坂井市となった。JR北陸本線、えちぜん鉄道三国芦原(みくにあわら)線が南北に並行している。1966年開港した福井空港があるが、1976年以降航空会社の定期便の就航はない。旧町中心集落の江留上(えどめかみ)地区では明治中期から絹織物の生産が始まり、現在は絹・人絹織物、細幅織物(マーク類)の生産が盛ん。

[木下昭三]

『『春江町史』(1969・春江町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「春江」の解説

春江
はるえ

福井県北部,坂井市中部の旧町域。福井平野北部の坂井平野に位置し,九頭竜川右岸に広がる。 1942年町制施行。 1955年近隣の磯部村の一部を編入し,大石村と合体。 2006年三国町,丸岡町,坂井町と合体して坂井市となった。地名中世の春近郷,江留郷の頭字から命名。明治 20年代に機業が興ったが,動力織機の導入が早く,近代的機業の中心地に発展。 1935年頃は福井県の動力織機の半数を有した。レーヨン (人絹) が中心であったが,のちに合成繊維織物が主力となった。ユリ栽培が行なわれる。福井市のベッドタウンとして発展。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android