コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春江 はるえ

3件 の用語解説(春江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春江
はるえ

福井県北部,坂井市中部の旧町域。福井平野北部の坂井平野に位置し,九頭竜川の右岸に広がる。 1942年町制施行。 1955年近隣の磯部村の一部を編入し,大石村と合体。 2006年三国町,丸岡町,坂井町と合体して坂井市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春江 しゅんこう

?-? 戦国時代の画家。
文亀(ぶんき)(1501-04)のころの人。賢江祥啓(けんこう-しょうけい)にまなび,また狩野元信の画風にならって山水・人物画をえがいた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春江
はるえ

福井県北西部、坂井郡にあった旧町名(春江町(ちょう))。現在は坂井市の南部を占める地域。福井市に接し、西端を九頭竜(くずりゅう)川が北流し水田が開ける。旧春江町は1942年(昭和17)町制施行。1955年(昭和30)大石村と合併。2006年(平成18)同郡三国(みくに)町、丸岡(まるおか)町、坂井(さかい)町と合併して市制施行、坂井市となった。JR北陸本線、えちぜん鉄道三国芦原(みくにあわら)線が南北に並行している。1966年開港した福井空港があるが、1976年以降航空会社の定期便の就航はない。旧町中心集落の江留上(えどめかみ)地区では明治中期から絹織物の生産が始まり、現在は絹・人絹織物、細幅織物(マーク類)の生産が盛ん。[木下昭三]
『『春江町史』(1969・春江町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春江の関連キーワード福井空港福井県福井市足羽福井県福井市毛矢坂井〈町〉清水〈町〉福井県福井市中央福井県福井市つくも福井県福井市中野福井県福井市中町春江〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春江の関連情報