コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春江 はるえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春江
はるえ

福井県北部,坂井市中部の旧町域。福井平野北部の坂井平野に位置し,九頭竜川の右岸に広がる。 1942年町制施行。 1955年近隣の磯部村の一部を編入し,大石村と合体。 2006年三国町,丸岡町,坂井町と合体して坂井市となった。地名は中世の春近郷,江留郷の頭字から命名。明治 20年代に機業が興ったが,動力織機の導入が早く,近代的機業の中心地に発展。 1935年頃は福井県の動力織機の半数を有した。レーヨン (人絹) が中心であったが,のちに合成繊維織物が主力となった。ユリの栽培が行なわれる。福井市のベッドタウンとして発展。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春江 しゅんこう

?-? 戦国時代の画家。
文亀(ぶんき)(1501-04)のころの人。賢江祥啓(けんこう-しょうけい)にまなび,また狩野元信の画風にならって山水・人物画をえがいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春江
はるえ

福井県北西部、坂井郡にあった旧町名(春江町(ちょう))。現在は坂井市の南部を占める地域。福井市に接し、西端を九頭竜(くずりゅう)川が北流し水田が開ける。旧春江町は1942年(昭和17)町制施行。1955年(昭和30)大石村と合併。2006年(平成18)同郡三国(みくに)町、丸岡(まるおか)町、坂井(さかい)町と合併して市制施行、坂井市となった。JR北陸本線、えちぜん鉄道三国芦原(みくにあわら)線が南北に並行している。1966年開港した福井空港があるが、1976年以降航空会社の定期便の就航はない。旧町中心集落の江留上(えどめかみ)地区では明治中期から絹織物の生産が始まり、現在は絹・人絹織物、細幅織物(マーク類)の生産が盛ん。[木下昭三]
『『春江町史』(1969・春江町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

春江の関連キーワード文化の森・YURI文化情報交流館神奈川県立近代美術館福井県児童科学館北九州市立美術館ちりめん(縮緬)山梨県立美術館ハートピア春江福岡県立美術館福井県坂井市近頃河原達引大場 美夜子正宗 得三郎福岡県美術館臥竜園梅麿松崎 一水大場美夜子坂井[町]土屋 義郎プラハの春石橋美術館

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春江の関連情報