御姫様(読み)おひめさま

精選版 日本国語大辞典「御姫様」の解説

お‐ひめ‐さま【御姫様】

〘名〙 (「お」は接頭語。「さま」は接尾語)
① 高貴な人のを敬っていう
※虎明本狂言・首引(室町末‐近初)「とてもたすけさせられまひならば、おひめさまにくわれまらせう」
② 純情な、または、世事のことは一向わからないで、おっとりしている娘をたとえていう語。
歌舞伎傾城倭荘子(1784)二段「世のへにさへ、おぼこな女中さんをお様のやうなと云ふのに、どこにあれがお姫様」
③ (「ひめのり(姫糊)」から) を東京の下町でいう。糊は夜になってから買いに行くものではないと信じられていたため、はじめ夜ことば(忌み一種)として用いられた。

お‐ひめ‐さん【御姫様】

〘名〙 (「おひめさま(御姫様)」の変化した語)
※藪の鶯(1888)〈三宅花圃〉一〇「ひしゃくとかしゃくしとかの御姫(オヒメ)さんは、人の男をどろぼうしても、御法にはふれないのですか」
② (京坂地方で) 遊女。娼妓。
※洒落本・箱まくら(1822)上「もふ夜半前でおますさかい、九兵へさん、いつものおひめさんをしらしませうなァ」

お‐ひい‐さま【御姫様】

〘名〙 「おひめさま(御姫様)」の変化した語。
※落語・姫かたり(1890)〈三代目三遊亭円遊〉「浅草橋の方からガラガラガラと一梃来ました黒馬車は何処の華族のお姫(ヒイ)さまか解りませんが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android