コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

き【姫】[漢字項目]

常用漢字] [音]キ(呉)(漢) [訓]ひめ
〈キ〉
貴人のめかけ。「寵姫(ちょうき)
美女。婦人の美称。「美姫妖姫(ようき)
〈ひめ〉「姫君歌姫乙姫(おとひめ)織姫舞姫佐保姫(さほひめ)

ひめ【姫/媛】

[名]
女子の美称。「歌」「乙」⇔
貴人の娘。姫君。
近世上方で、遊女のこと。
[接頭]物の名に付いて、小さくてかわいらしいものであることを表す。「百合」「鏡台」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひめ

女性の美称で、彦(ひこ)の対。上代では単独で用いて女性一般を表したり、「木花開耶姫(このはなさくやひめ)」のように下につけたりして用いられた。平安時代以後、貴人の娘をさしていうようになり、江戸時代の上方(かみがた)では遊女をさしたこともある。また、小さくてかわいらしく優しい感じであることを表す接頭語として、「ひめゆり」「ひめつばき」「ひめかがみ」などと用いられた。語源は「日女(ひめ)」で、「ひ」は美称とされる。[藁科勝之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【ヒメ・ヒコ制】より

…古代国家成立以前の兄弟姉妹(姫と彦)による二重支配体制をいう。血縁紐帯を基軸とした氏族社会で,同母の兄弟と姉妹は特に深く結ばれていた。…

※「姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

姫の関連キーワード真髪触奇稲田姫トラビアータ長田大娘皇女稲日稚郎姫神吾田津姫トラビアタ狭依毘売命櫛名田比売姫神小桜竜の宮姫中磯皇女衣通郎女清水清玄幡梭皇女田心姫命軽大郎女亭子女御弟日姫子キラリ姫高比売命

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姫の関連情報