(読み)キ

デジタル大辞泉の解説

き【姫】[漢字項目]

常用漢字] [音]キ(呉)(漢) [訓]ひめ
〈キ〉
貴人のめかけ。「寵姫(ちょうき)
美女。婦人の美称。「美姫妖姫(ようき)
〈ひめ〉「姫君歌姫乙姫(おとひめ)織姫舞姫佐保姫(さほひめ)

ひめ【姫/媛】

[名]
女子の美称。「歌」「乙」⇔
貴人の娘。姫君。
近世上方で、遊女のこと。
[接頭]物の名に付いて、小さくてかわいらしいものであることを表す。「百合」「鏡台」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひめ

女性の美称で、彦(ひこ)の対。上代では単独で用いて女性一般を表したり、「木花開耶姫(このはなさくやひめ)」のように下につけたりして用いられた。平安時代以後、貴人の娘をさしていうようになり、江戸時代の上方(かみがた)では遊女をさしたこともある。また、小さくてかわいらしく優しい感じであることを表す接頭語として、「ひめゆり」「ひめつばき」「ひめかがみ」などと用いられた。語源は「日女(ひめ)」で、「ひ」は美称とされる。[藁科勝之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【ヒメ・ヒコ制】より

…古代国家成立以前の兄弟姉妹(姫と彦)による二重支配体制をいう。血縁紐帯を基軸とした氏族社会で,同母の兄弟と姉妹は特に深く結ばれていた。…

※「姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姫の関連情報