御家様(読み)オイエサマ

デジタル大辞泉の解説

おいえ‐さま〔おいへ‐〕【御家様】

近世、上方で中流以上の商家主婦を敬っていった語。おえさま。
「よい衆の娘子達や、―方」〈浄・油地獄

おえ‐さま〔おへ‐〕【家様】

《「おいえさま」の音変化》上方で、中流以上の商家の主婦を敬っていう語。
「―にもお目にかからうと存じ、参りました」〈浄・氷の朔日

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おいえさま【御家様】

上方で、中流以上の商家の主婦の敬称。おえさま。

おえさま【御家様】

「おいえさま」の転。 「 -にも御目にかからうと存じ参りました/浄瑠璃・氷の朔日

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おいえ‐さま おいへ‥【御家様】

〘名〙 (「お」は接頭語、「さま」は接尾語) 上方で中流以上の家、特に商家の主婦を敬って呼ぶ語。内室。おえさま。
浮世草子・好色訓蒙図彙(1686)上「御家(オイヘ)様、家美(かみ)様、内儀、内室、内方、口鼻(かか)など、段々各々成べし」
[語誌]古く「いへ」で妻を表わすこともあったが、「おいへさま」は、上方で近世前期から使用された。武士や裕福な町人の妻を表わす「奥様」に次ぐ、中流以上の妻をいうが、子が結婚してから、あるいは年長になってからの呼称という。さらに下には「おか様」「おかた」「女房」などもあった。

おいえ‐よう おいへヤウ【御家様】

俳諧崑山集(1651)一一「壁につたふ蔦の色葉やお家やう〈貞利〉」

おえ‐さま おへ‥【御家様】

〘名〙 「おいえさま(御家様)」の変化した語。
浄瑠璃心中万年草(1710)中「おゑ様は中二かいに、お梅様のかみすいてといひければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android