コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座有る ゴザアル

デジタル大辞泉の解説

ござ‐あ・る【御座有る】

[動ラ四]
「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「それにゆるりと―・れ」〈虎清狂・泣尼
「ある」の意の尊敬語。おありになる。
「やがてお大名にならせらるる御瑞相が―・るほどに」〈虎清狂・鈍根草〉
「行く」「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「いざさらば、これへ―・れ」〈虎清狂・薬水〉
(補助動詞)
㋐「…である」「…ている」の意の尊敬語。…ていらっしゃる。…ておいでになる。
「おたづねなさるるは誰で―・るぞ」〈虎清狂・薬水〉
㋑「…である」の意の丁寧語。…でございます。
「かやうに罷(まか)り出でたるは、洛中にすまひ仕る勾当(こうたう)で―・る」〈虎清狂・猿座頭
㋒「…ている」の意の丁寧語。…ております。
「再々私方へ人をおこして―・るが」〈虎明狂・武悪
[補説]「御座」にラ変動詞「あり」がついた「ござあり」の四段化したもので、中世後期以降の語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

御座有るの関連キーワード尊敬語丁寧語薬水

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android