御引直衣(読み)オヒキノウシ

  • ▽御引直=衣
  • おひきのうし ‥ひきなほし
  • おひきのうし〔ひきなほし〕

大辞林 第三版の解説

天皇が日常に着用した丈の長い直衣。緋の長袴の上に重ねて用い、裾を長く引く。御下直衣おさげのうし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「お」は接頭語) 天皇が、束帯を用いる行事以外の日常の行事に着るもの。冬は表白綾に小葵の御紋、裏は紫生絹(すずし)、夏は薄物で、色は二藍(ふたあい)、文様は三重襷(みえだすき)、紅の張袴。御下直衣(おさげのうし)
※増鏡(1368‐76頃)九「八にならせ給へば、いと小さくうつくしげにて、びづらゆひて、御引直衣・打御衣(うちおんぞ)・はり袴たてまつれる御気色、おとなおとなしうめでたくおはするを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御引直衣の言及

【直衣】より

…幼年,壮年ともに夏の地質は縠(こめ),文様は,幼年が小型の三重襷(みえだすき),壮年が三重襷である。平安末以後,天皇は通常の直衣のほか,御引(おひき)直衣または御下(おさげ)直衣と称し,身丈をやや長く仕立てたものを搔込みをせず,裾をそのまま垂らして後方に引く形式のものを着用した。この際は長御打衣(ながのおんうちぎぬ),長御単を着て,指貫の代りに紅の御長袴をはく。…

※「御引直衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御引直衣の関連情報