コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御当代記 ごとうだいき

世界大百科事典 第2版の解説

ごとうだいき【御当代記】

1680年(延宝8)から1702年(元禄15)までの見聞記録。戸田茂睡著。5代将軍徳川綱吉の就任に筆を起こし,綱吉の性格,施政の動向,江戸市中の風俗から天変地異など,茂睡の見聞した諸事件を,批判をまじえつつ詳細に編年体で記述している。元禄時代の政治や世相について信頼度の高い史料であるとともに,歌道改革者としての茂睡の性格考察にもよい材料といいうる。本書は信州へ移住した茂睡の子孫の家に秘蔵せられ,20世紀に入ってから佐佐木信綱によって世に紹介された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

御当代記の関連キーワードウィリアム(3世)ウィリアム岩村藩アン女王ウィリアム[3世]ウィリアムアンウィリアム3世カバリエスチュアート朝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android