コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御当代記 ごとうだいき

1件 の用語解説(御当代記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごとうだいき【御当代記】

1680年(延宝8)から1702年(元禄15)までの見聞記録。戸田茂睡著。5代将軍徳川綱吉の就任に筆を起こし,綱吉の性格,施政の動向,江戸市中の風俗から天変地異など,茂睡の見聞した諸事件を,批判をまじえつつ詳細に編年体で記述している。元禄時代の政治や世相について信頼度の高い史料であるとともに,歌道改革者としての茂睡の性格考察にもよい材料といいうる。本書は信州へ移住した茂睡の子孫の家に秘蔵せられ,20世紀に入ってから佐佐木信綱によって世に紹介された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御当代記の関連キーワード藤谷為条万霊光誉梶井宮盛胤法親王久保倉弘宣勝田新左衛門金道(2代)九鬼隆久極印千右衛門成瀬正幸間新六

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone