コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田茂睡 とだもすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸田茂睡
とだもすい

[生]寛永6(1629).5.19. 駿河
[没]宝永3(1706).4.14. 江戸
江戸時代前期の国学者,歌人。父は駿河大納言徳川忠長の付人渡辺監物忠。初名茂右衛門馮。のち伯父政次の養子となり恭光と改名。茂睡は茂妥とも書く。別号は露寒軒,梨本,隠家,不求橋,最忍法師など。幼時,蟄居の父に従い那須に下った。のち江戸に帰り岡崎藩主本多忠国に仕えたが致仕,遁世して浅草金竜寺付近で市隠として生活した。学統は明らかではないが,歌学に造詣深く『百人一首雑談』 (1692) を著わして藤原定家や従来の説を批判し,『梨本集』 (98) では制詞を説く二条派の堂上歌学を激しく攻撃,江戸時代初期の和歌革新のさきがけをなした。ほかに歌学書『僻言調 (ひがごとしらべ) 』 (97) ,『万葉集口伝大事』,撰集『不求橋梨本隠家勧進百首』 (94) ,『鳥の跡』 (1702) ,名所記『紫の一本』 (1683) ,雑記『御当代記』 (1702以後) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とだ‐もすい【戸田茂睡】

[1629~1706]江戸前期の歌学者・歌人。駿河の人。名は恭光(やすみつ)。通称、茂右衛門。号、梨本(なしのもと)・隠家。岡崎藩本多氏に仕えたが、のち江戸浅草に隠棲二条家の歌学を批判して用語の自由を主張。著「梨本集」「紫の一本」「僻言調(ひがごとしらべ)」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

戸田茂睡【とだもすい】

江戸中期の国学者,歌人。初姓渡辺氏。号梨本など。駿河の人。父は駿河大納言徳川忠長の付人。江戸で本多侯に仕え,後に浅草金竜山に隠棲(いんせい)。制詞(歌に使用されてはならないとされた言葉),古今伝授など秘伝の多い中世歌学を批判,歌語の自由を主張。
→関連項目国学(近世)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田茂睡 とだ-もすい

1629-1706 江戸時代前期の歌人,歌学者。
寛永6年5月19日生まれ。江戸で三河(愛知県)岡崎藩本多家につかえ,晩年は出家して歌作中心の生活をおくる。歌語の自由をとなえ,秘事の口伝(古今伝授)を批判,歌学の革新を主張した。宝永3年4月14日死去。78歳。駿河(するが)(静岡県)出身。本姓は渡辺。名は馮,恭光。通称は別に茂右衛門。号は梨本。著作に「梨本集」など。
【格言など】今は身にうとき人だにゆかしきは老の心の哀れはかなさ(「鳥之迹(あと)」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

戸田茂睡

没年:宝永3.4.14(1706.5.25)
生年:寛永6.5.19(1629.7.9)
江戸前期の歌人。本姓渡辺,名は馮,恭光,通称茂右衛門,号梨本,不求橋など。徳川忠長の重臣渡辺忠の子として駿河(静岡県)府中で出生。幼時に主家が改易処分を受けたため父母と共に下野国(栃木県)黒羽に蟄居,恵まれた境遇は一変した。のち父方の伯父戸田政次の養子となった。三河(愛知県)岡崎藩に仕えたとされるが,正確な時期は判然としない。その経歴の不確定さと氏素姓の高貴さと相俟って,江戸時代後期において,すでに茂睡は伝説上の人物となっている。晩年は自由な身となって文芸に遊んだらしく,著述元禄期に集中してあらわれる。歌人としてまとまった家集は残さなかったが,私撰集『鳥の跡』(1702)は江戸で出版された最初の地下選集として意義がある。また『僻言調』『梨本集』などで知られる歌論は,中世以来の伝統歌学攻撃の論調の強さで注目されたが,その批判が一面的で矛盾に満ちたものであることも認めざるを得ない。茂睡の言は,不遇をかこつ旗本達のそれと共通の基盤にあり,『御当代記』や『梨本書』にみられる士大夫としての強い現実志向が充たされないところから生じたとみるべきであって,歌論として純粋な評価の対象とはなりにくい面を有する。主著は『戸田茂睡全集』に収録される。<参考文献>佐佐木信綱『戸田茂睡論』,藤平春男「戸田茂睡の歌論」(『国文学研究』4号)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とだもすい【戸田茂睡】

1629‐1706(寛永6‐宝永3)
江戸前期の歌学者。岡崎藩本多家に出仕した武士。のち致仕し,江戸浅草の金竜山のあたりに住む。1692年(元禄5)ころから中世以来の制禁の詞(歌に使用が禁止されていた言葉)や古今伝授を非難した《百人一首雑談》《僻言調(ひがごとしらべ)》《梨本集》など,多くの著述を世に示す。元禄期にこのような言説をなしたことは歌学史上特筆されるところである。江戸名所記《紫の一本(ひともと)》,治政の記録《御当代記》その他の著がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とだもすい【戸田茂睡】

1629~1706) 江戸前期の歌人・歌学者。駿河の人。名は恭光やすみつ。通称、茂右衛門。号、梨本なしのもと。古今伝授や制禁の詞を認めず、二条家歌学を攻撃、近世革新派の先駆となる。著「梨本集」「僻言調ひがごとしらべ」「紫の一本」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸田茂睡
とだもすい
(1629―1706)

江戸前期の歌学者、歌人。名は恭光(やすみつ)、通称は茂右衛門、梨本(なしのもと)などと号す。父は、徳川家光(いえみつ)の弟忠長(ただなが)の付き人となった渡辺忠。駿河(するが)国(静岡県)に生まれたが、幼時、忠長改易による父の蟄居(ちっきょ)に伴い下野(しもつけ)国(栃木県)黒羽(くろばね)に移住。20余歳で江戸に出、伯父戸田政次の養子となる。詳細は不明だが、一時岡崎本多侯に仕官したのち浪人、晩年は浅草金竜山などに隠棲(いんせい)した。宝永(ほうえい)3年4月14日没、78歳。和歌は当時の撰集(せんしゅう)などに散見するが、実作よりも歌学面にみるべきものがあり、とくに『寛文五年文詞(ふみことば)』(1665成立)、『梨本集』(1698成立)などで、堂上(どうじょう)歌学で重んじられていた歌の詞(ことば)の制限(制詞(せいのことば))の不合理性を攻撃、歌語の自由を説いたことで知られる。ほかに、和歌撰集『鳥の迹(あと)』(1702刊)、1680年(延宝8)から23年間の治世・世情の記録『御当代記』などの著書がある。[嶋中道則]
 身にかへて惜しみし家の名をだにも捨つれば捨つる世にこそありけれ
『『戸田茂睡全集』全一巻(1915/復刊・1969・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

戸田茂睡 (とだもすい)

生年月日:1629年5月19日
江戸時代前期;中期の歌人
1706年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の戸田茂睡の言及

【歌論】より

…実質的な近世の歌論史は,こうした派閥意識に基因する閉鎖性,権威主義の否定をモティーフとして,元禄期に始発するのである。まず戸田茂睡(もすい)は古今伝授を重んじる権威主義的堂上歌学を鋭く否定した。彼の著作は多いが,70歳のときまでの〈歌論〉を大成した《梨本集(なしのもとしゆう)》がある。…

【御当代記】より

…1680年(延宝8)から1702年(元禄15)までの見聞記録。戸田茂睡著。5代将軍徳川綱吉の就任に筆を起こし,綱吉の性格,施政の動向,江戸市中の風俗から天変地異など,茂睡の見聞した諸事件を,批判をまじえつつ詳細に編年体で記述している。…

※「戸田茂睡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戸田茂睡の関連キーワード国学(学問、学派)古今伝授(受)木瀬三之山名玉山木瀬随宜生年月日素堂

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android