コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛杖 こんごうづえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛杖
こんごうづえ

「こんごうじょう」ともいう。執金剛神が手に持っている金剛杵 (しょ) ,また修験者や登山者が持つ八角または四角の白木密教法具独鈷杵 (とっこしょ) から生じたといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こんごう‐じょう〔コンガウヂヤウ〕【金剛×杖】

こんごうづえ(金剛杖)

こんごう‐づえ〔コンガウづゑ〕【金剛×杖】

修験者(しゅげんじゃ)や巡礼者の持つ、八角または四角の白木の杖。登山者の用いるものはこれを転用したもの。こんごうじょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんごうづえ【金剛杖】

〔「こんごうじょう」とも〕
修験者しゆげんじや・巡礼者などがもつ、四角または八角の白木の杖。長さは等身大。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金剛杖の言及

【山伏】より

… 鎌倉・室町時代にはこの修験道の山伏たちは,吉野,熊野,白山,羽黒,彦山(英彦山)などの諸山に依拠し,法衣,教義,儀礼をととのえていった。歌舞伎の《勧進帳》などで広く知られる鈴懸(すずかけ)を着,結袈裟(ゆいげさ)を掛け,頭に斑蓋や兜巾(ときん)(頭巾),腰に螺(かい)の緒と引敷,足に脚絆を着けて八つ目のわらじをはき,(おい)と肩箱を背負い,腕にいらたか念珠をわがね,手に金剛杖と錫杖(しやくじよう)を持って法螺(ほら)貝を吹くという山伏の服装は,このころからはじまった(図)。またこうした法衣は教義の上では,鈴懸や結袈裟は金剛界と胎蔵界,兜巾(頭巾)は大日如来,いらたか念珠・法螺貝・錫杖・引敷・脚絆は修験者の成仏過程,斑蓋・笈・肩箱・螺の緒は修験者の仏としての再生というように,山伏が大日如来や金胎の曼荼羅(両界曼荼羅)と同じ性質をもち,成仏しうることを示すと説明されている。…

※「金剛杖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金剛杖の関連キーワード金剛杖(こんごうづえ)歌舞伎の用語日原鍾乳洞安宅(能)ステッキ六根清浄ヒノキ等身大勧進帳蟹山伏遍路姿清滝寺金剛手富士講仏具天狗民具杖術安宅遍路

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金剛杖の関連情報