コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西新井大師 ニシアライダイシ

デジタル大辞泉の解説

にしあらい‐だいし〔にしあらゐ‐〕【西新井大師】

東京都足立区西新井にある真言宗豊山派の寺。正しくは五智山遍照院総持寺開創は弘仁11年(820)、開山空海と伝える。厄除け大師として著名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

西新井大師

東京都足立区にある寺院。天長年間(824~834)創建真言宗豊山派本尊は十一面観世音菩薩、弘法大師。厄除け祈願所として知られる。正式名は五智山遍照院總持寺。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

にしあらいだいし【西新井大師】

東京都足立区西新井にある真言宗豊山派の寺。遍照院総持寺そうじじと号す。空海の開創。本尊は弘法大師像・十一面観音像。数度の戦乱にも焼失を免れてきたため、厄除け大師として尊崇される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西新井大師
にしあらいだいし

東京都足立(あだち)区西新井にある寺。五智山遍照院総持寺(ごちざんへんじょういんそうじじ)と号し、真言(しんごん)宗豊山(ぶざん)派に属する。本尊は弘法(こうぼう)大師(空海)。天長(てんちょう)年間(824~834)大師が関東巡錫(じゅんしゃく)のとき当地にとどまり、十一面観音を造像し、悪病平癒を祈願したのに始まるという。過去数度の兵火にあったが、本尊は難を免れたので「厄除(やくよ)け火防(ひぶせ)のお大師様」として崇敬された。1966年(昭和41)不慮の火災にあい諸堂を焼失したが、72年以降、本堂(遍照殿(へんじょうでん))、不動堂、八角堂、光明殿を次々に建立し、伽藍(がらん)を一新した。寺宝に、鋳銅刻画蔵王権現(ざおうごんげん)像(国宝)のほか、谷文晁(ぶんちょう)の襖絵(ふすまえ)、葛飾北斎(かつしかほくさい)の「大師成道(じょうどう)絵」などがある。また「西の長谷寺(はせでら)、東の西新井」とよばれるボタンの名所。[野村全宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西新井大師の関連キーワードにしあらいだるだるにゃん東京都足立区西新井東京都足立区足立(区)蔵王権現毛彫り西新井戦乱数度焼失

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西新井大師の関連情報