コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本地垂迹説 ほんじすいじゃくせつ

3件 の用語解説(本地垂迹説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本地垂迹説
ほんじすいじゃくせつ

神仏習合に関する説。本来は仏教教学上の術語,『法華経』の本迹二門の説などに基づく。『法華経』の構成を本地,垂迹の二門より成るとし前の十四品を迹門の法華,あとの十四品を本門の法華とし説法の主体である仏身そのものに歴史上の人格としての釈迦と,久遠実成の法身の区別をみようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほんじすいじゃく‐せつ〔ホンヂスイジヤク‐〕【本地垂×迹説】

菩薩(ぼさつ)本地とし、を衆生救済のための垂迹とする説。法華経大日経に基づいて説かれたもの。日本では、平安時代から各地の神社の本地仏が確定し、神仏習合が進められたが、明治の神仏分離により衰退。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんじすいじゃくせつ【本地垂迹説】

本地である仏・菩薩が、救済する衆生しゆじようの能力に合わせた形態をとってこの世に出現してくるという説。日本では神道の諸神を垂迹と考える神仏習合思想が鎌倉時代に整備されたが、その発生は平安以前にさかのぼる。垂迹である神と、本地である仏・菩薩との対応は必ずしも一定していない。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone