コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御留川 おとめかわ

大辞林 第三版の解説

おとめかわ【御留川】

河川・湖沼で、領主の漁場として、一般の漁師の立ち入りを禁じた所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

御留川【おとめがわ】

領主に囲い込まれた河川湖沼など内水面における漁場で,漁民の自由な立入りは禁じられた。領主直営の大網を引くこともあったが,周辺漁民に請け負わせ,運上金を上納させることが多かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おとめがわ【御留川】

河川,湖などの内水面における領主専用の漁場。漁民の自由な立入りは禁止された。例えば,霞ヶ浦南東部には江戸初期,幕府の箕和田御留川が設定され,さらに1625年(寛永2)下玉里村の土豪鈴木氏の申請により,〈湖は入会〉の原則を固守する霞ヶ浦四十八津の抵抗を押し切って,水戸藩は湖の北部高浜入を玉里御留川としている。鈴木氏は御川守となり,当初は直営の大網を引いたが,83年(天和3)以降,江戸の問屋,霞ヶ浦周辺の漁民の請負となり,入札によって運上人を定め,運上金を上納させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

御留川の関連キーワード江戸川漁師

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android