御真影(読み)ゴシンエイ

デジタル大辞泉の解説

ご‐しんえい【御真影】

高貴な人の肖像画・写真を敬っていう語。
天皇・皇后の公式の肖像写真。宮内省から各学校に貸与され、校長の責任で厳重に管理、儀式に使用された。昭和20年(1945)の終戦時までの用語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごしんえい【御真影】

明治以来,第2次大戦に敗れるまでの天皇の写真を言う。正式には御写真と言ったが,一般には御真影という言葉が使われた。その起源は,明治維新直後に打たれた重要な政策の一つとして,これまでほとんど民衆に知られることのなかった天皇の視覚化,言い換えるなら国家権力の可視化という意図にさかのぼれる。明治初期には巡幸という手段がとられる。巡幸にはいろいろな政治的目的はあったが,結局は生身の天皇を人眼にさらして権力の強化を図ることであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごしんえい【御真影】

高貴な人の肖像画・写真などを敬っていう語。
明治期から第二次大戦の敗戦まで、宮内省から各学校に貸与された、天皇・皇后の写真。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御真影の言及

【学校】より

…教育勅語発布の翌91年6月には〈小学校祝日大祭日儀式規程〉が定められ,紀元節,天長節,元始祭,神嘗祭および新嘗祭には,教員・生徒一同式場に参集して行う儀式の内容が示された。それは,御真影(天皇,皇后の写真)への最敬礼・万歳奉祝,教育勅語奉読,校長の訓話による忠君愛国の士気の涵養,祝祭日に相応する唱歌の合唱という内容であり,儀式は独特の宗教的雰囲気の下ですすめられ,参列した子どもたちに強い印象を与えた。 森有礼文相は各地の講演などで繰り返し〈学問と教育は別である〉と語っていた。…

【教育勅語】より


[教育勅語体制]
 勅語発布とともに,文部省はその謄本を全国の学校に下付し,祝祭日の儀式などのとき校長らに奉読させ,児童・生徒にその趣旨を感得させようとした。翌91年には御真影(天皇・皇后の肖像写真)への拝礼,教育勅語奉読,《君が代》斉唱などを内容とする〈小学校祝日大祭日儀式規程〉を制定した。校長にとっては,この儀式で勅語を正確に,しかも独特の抑揚をつけて奉読すること,火災から勅語謄本や御真影を守ることが最重要の任務とされた。…

【天皇】より

…かくて祝祭日行事は,神武天皇と明治天皇を一体化してかたることで,〈日本国の父母〉たる天皇への帰依を促す場として活用せしめられた。式典における天皇の写真は,1871年ころからはじまった天皇神聖化政策にもとづき,73年より,〈聖影〉〈御真影〉として聖なるものとみなされた。御真影は,聖浄なる場に玉座を設けて置かれ,奉拝された。…

※「御真影」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御真影の関連情報