御納戸(読み)オナンド

大辞林 第三版の解説

おなんど【御納戸】

納戸を丁寧にいう語。
「御納戸色」の略。 「芝翫繫しかんつなぎの腰帯は-白茶の金もうる/人情本・梅児誉美
「御納戸役」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐なんど【御納戸】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 身分の高い人の衣服や調度などを入れておく部屋。
※鎌倉殿中以下年中行事(1454か)「御納戸も三間也」
② 江戸城大奥にある部屋の一つ。衣服を脱ぎ替えたり、化粧をしたりするのに使った。
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)四月三日「御所様御なんとの御小性衆也」
※洒落本・後編風俗通(1775)金錦先生進学解「黄唐茶の裏を小納戸(オナンド)に翻し、萌黄裡を黒に染上」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android