コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御部屋様 オヘヤサマ

デジタル大辞泉の解説

おへや‐さま【御部屋様】

御部屋3」の敬称。
御部屋4」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おへやさま【御部屋様】

おへや」に同じ。
中流・上流社会の人妻を敬っていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御部屋様
おへやさま

貴人の妾(めかけ)に対する敬称。とくに江戸城大奥では、将軍の側室であるお手付中(ちゅうろう)も、子を産まぬ以上は世話親の部屋に2、3人ずつ同宿した。出産して初めて独立の部屋を与えられ、男児なら「御部屋様」、女児を産めば「御腹様」とよばれた。徳川の歴史のうち、将軍の子は、秀忠(ひでただ)の正妻が産んだ家光(いえみつ)のほかは、みな侍妾(じしょう)が産んでいる。御部屋様になると御台所(みだいどころ)に次ぐ扱いとなり、親にも扶持(ふち)が出て、武士に取り立てられた。[稲垣史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御部屋様の言及

【家】より

…侍妾も奉公人の身分であって,その生子があれば,その子の待遇に応じてその生母の待遇も異なった。侍妾の出が公家などであれば初めから御部屋様といわれるが,通常は男子などを生んだ場合に限ってそう呼ばれる。幕府には男子のときには出生届に相当する丈夫届を提出するが,ときには10歳以上になってからのときもある。…

※「御部屋様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御部屋様の関連キーワード稲垣史生上流社会大奥側室人妻中流