コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御飾記 おかざりき

2件 の用語解説(御飾記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御飾記
おかざりき

足利将軍家(→室町幕府)の座敷道具飾りの式法書。『小川殿,東山殿御飾記』の略称で,『御飾書』ともいう。『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』の姉妹書。著者は相阿弥(そうあみ)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御飾記
おかざりき

座敷飾りの秘伝書。『御飾書』『東山殿荘之書(ひがしやまでんそうのしょ)』ともいわれ、相阿弥(そうあみ)こと松雪斎鑑岳(かんがく)真相が相伝のため筆写し、伝授したものである。『群書類従』所収本の奥書によれば、大永(たいえい)3年(1523)12月に成立した。相阿弥は能阿弥の孫にあたり、父祖に続いて唐物奉行(からものぶぎょう)の同朋衆(どうぼうしゅう)となり、室町将軍に仕え、その経験と知識を図解しながらまとめたのが本書である。内容は足利義政(あしかがよしまさ)邸(東山殿)の常御所(つねのごしょ)や会所、足利義尚(よしひさ)の小川邸などの座敷飾りの詳細である。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御飾記の関連キーワード足利幕府大館氏後鑑室町殿室町幕府三阿弥安芸守定景阿弥曾我尚祐座敷飾

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone