コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同朋衆 ドウボウシュウ

6件 の用語解説(同朋衆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どうぼう‐しゅう【同×朋衆】

同朋2」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

同朋衆【どうぼうしゅう】

室町幕府以降の職名。殿中の雑役に従事,芸能関係についての将軍の顧問的な役も務めた。阿弥(あみ)名を用い,僧体。相阿弥世阿弥(ぜあみ)らは特に有名。江戸幕府でも殿中の雑役に従事したが,1866年廃止。
→関連項目阿弥派芸阿弥能阿弥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どうぼうしゅう【同朋衆】

室町時代に足利将軍家に仕え,歴代将軍の殿中にはべって,さまざまの雑用や美術工芸品の鑑定,諸芸能に従事した僧体の特別技能者たちをいう。〈同朋〉の語は,もともと仏教界に発したとみられ,〈友〉と同義に用いられるとともに,禅寺で輿舁(こしかき)の任務についた〈力者(りきしや)〉をさしたりしたが,やがて武家社会でも用いられるようになり,上記の諸任務に従う同朋衆のさきがけをなす人々の呼称となったらしい。足利将軍家に仕えた同朋衆のおこりについては,ふつう3代将軍足利義満の幼時に細川頼之(よりゆき)がはからって法師6人を選定し,これを〈童坊(どうぼう)〉などと名づけ,異風の服装で座興をもよおさせ,義満の無聊(ぶりよう)をなぐさめたのが始まりだという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうぼうしゅう【同朋衆】

室町・江戸時代、将軍や大名に近侍して、芸能・茶事・雑役を行なった僧体の者。阿弥号を称し、室町期には諸芸に秀でた者が多かったが、江戸幕府では若年寄の支配に属し、もっぱら雑事をつとめた。同朋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同朋衆
どうぼうしゅう

同朋」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同朋衆
どうぼうしゅう

室町・江戸時代、将軍や大名に近侍して雑事や諸芸能をつかさどった法体(ほったい)の者。単に同朋ともいい、また童坊とも書く。室町時代には、将軍・大名の側近にはべって芸能、茶事、雑役を勤めた。いずれも僧体で、阿弥(あみ)号を称した。将軍足利義満(あしかがよしみつ)に仕えた観(かん)阿弥・世(ぜ)阿弥の父子は猿楽能(さるがくのう)の大成者として有名で、将軍義政(よしまさ)に仕えた能(のう)阿弥、芸(げい)阿弥、相(そう)阿弥の3代(三阿弥)は水墨画や茶の名手で唐物(からもの)の鑑定にも名をなし、文阿弥(もんあみ)、台阿弥(だいあみ)は「たてはな」の名手として知られる。これら同朋衆は、阿弥号を称するところから、時宗(じしゅう)との密接な関係もあったと考えられている。江戸時代には、幕府の役職の一つとなり、若年寄の支配に属した。同朋頭(200石高)4人の下に阿弥号を称する同朋衆(100俵高、十人扶持(ぶち))、坊主(ぼうず)があり、頭は営中の給事、将軍外出の供奉(ぐぶ)、老中・若年寄の用を勤め、同朋・坊主は営中で大名の案内、更衣、刀剣の上げ下げ、茶・弁当の世話などを担当した。このほか、念仏信仰者(とくに真宗)の間で、信心を同じくする仲間同志を相互に同朋とよびあった。[広神 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の同朋衆の言及

【茶道】より

…すなわち,ばさら大名たちにもてはやされた唐物はますます珍重され,足利義教より足利義政にいたる室町時代中期には足利幕府によって多数の唐物名物が集められ,のちに〈東山御物〉と呼ばれるコレクションが生まれた。唐物を飾るための棚を設けた書院造の会所では,唐物を管理し鑑定し,さらに飾りつける専門家の同朋衆(どうぼうしゆう)があらわれ,能阿弥,相阿弥などが活躍した。彼らのこれら名物に関する記録として《君台観左右帳記》がのこされた。…

【能阿弥】より

…足利義政に仕えた同朋衆(どうぼうしゆう)の一人で,幕府関係の芸能全般に幅広く活躍した。真能ともいう。…

【東山文化】より

…将軍家の保護を得た五山にかわり,林下の大徳寺が社会各層の帰依を得て隆盛に向かうのも,応仁・文明の乱前後からで,《狂雲集》を著した一休は,後世にも大きな影響を及ぼした。 さて武家社会では,将軍家を中心に,諸分野にわたる芸能者がこれに近侍奉仕したのが特徴で,猿楽の音阿弥や作庭の善阿弥・小四郎・又四郎3代,同朋衆では唐物奉行に当たった能阿弥芸阿弥相阿弥代,香,茶の千阿弥,立花(たてはな)の立阿弥などの名が知られる。このうち同朋衆は,義持,義教を経て義政の時代に最も活躍するが,とくに唐物同朋は将軍家による唐物収集を担当し,目利(めきき),保管,表装あるいは唐物唐絵をもってする座敷飾に当たった。…

※「同朋衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

同朋衆の関連キーワード家彫御三卿室町殿御末将軍家上覧相撲朽木稙綱(1)景阿弥曾我尚祐曾我元助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同朋衆の関連情報